'攻略' Tag

バイナリーオプションこんな始め方とやり方はするな!

バイナリーオプションこんな始め方とやり方はするな!

バイナリーオプションとは投資方法の一種であり、FXや株と違い、トランプのハイローのように上か下を決めるだけの非常にシンプルな投資です。

イメージとしては、FXや株は通貨その物や株券その物を買うのですが、バイナリーオプションは判定時間があらかじめ決められているため、通貨や株券を買うというよりかはチケットを買って取引終了の判定時間が来た時にそのチケットが高くなっているか0円になっているかというイメージすると分かりやすいでしょう。

また少ない資金で大きく稼ぐことが出来るのも初心者におすすめの投資と言えます。

上か下を決めるだけならギャンブルでは?と思う方もいるかもしれませんが、バイナリーオプションはFXや株と同じ投資ですので、しっかりと相場の知識やチャートの読み方を身に付けることで、勝率を上げることが出来ます。

そして、バイナリーオプションは日本の業者だと規制が掛っているため、ルールも複雑で大きく稼ぐことは出来ませんが、海外業者であればシンプルなルールで大きく稼ぐことが可能です。

海外業者だといろいろ面倒では?と思いがちですが、そんなことはありません。

口座開設も簡単で、下の図をイメージしていただくと口座開設がスムーズに行えます。

CHECK項目ハイローオーストラリア

バイナリーオプションこんな始め方は危険!

バイナリーオプションを始める際どの業者を選んだらいいのか分からないという方も多いかと思います。

そこで、こんな始め方は危険!と題して信頼できない、口座開設すべきでない海外業者の特徴を解説しますので、これから紹介する項目に当てはまるような業者では口座開設しないようにするために、しっかり確認していきましょう。

運用歴が浅いバイナリーオプション業者は注意

まず運用歴が浅いバイナリーオプション業者は要注意です。というのも運用歴が5年以内の業者はまだ会社としての信用も低い為、会社が潰れてしまう可能性が高いですし、もし潰れた場合も口座資金の保証もしてもらえない可能性がありますので、海外業者を選ぶ場合は、最低でも5年以上、出来れば10年以上運用歴がある業者を選ぶようにしてください。

しかしバイナリーオプションは近年に始めった比較的新しい投資サービスですので、5年以上の運用歴がある業者であれば安心して口座開設は問題ないと思います。

大切なお金を預けて運用するわけですから、実績豊富で老舗の業者を選んだほうが、安心して取引が出来ると覚えておきましょう。

分別管理(信託保全)の明記を確認

投資サービスを提供している業者であれば、必ず分別管理(信託保全)の明記をしているはずです。

分別管理(信託保全)は、FX業者やバイナリーオプション業者が自社の資産と顧客の資産を別々に分けて管理するために、信託銀行と呼ばれる銀行と信託契約を結んで、顧客から預かっている資産を信託口座で管理することを言います。

この分別管理(信託保全)を行うことで、バイナリーオプション業者が万が一破産した場合に顧客の資産を返還することが出来ます。

もし、このような分別管理(信託保全)をしていないのであれば、もし破産した時に資産が戻ってこない可能性が非常に高い為、必ず分別管理(信託保全)の明記がしっかりされている業者を選んでください。

金融ライセンスの保有を確認

次にこれもバイナリーオプション業者を信頼する上で重要な要素になるのですが、金融ライセンスを保有しているか確認してください。

金融ライセンスとは何なのかというと、FXやバイナリーオプションなど金融サービスを提供する場合、金融業に対する参入規制・開業規制として必要な資格のことをいいます。

海外業者の為、必ずしも日本で取得している必要はありませんが、その業者がある国においては金融ライセンスを取得している必要がありますので、金融ライセンスを取得しているのかどうか、会社概要ページにてしっかりと確認した上で、口座開設してください。

日本語サポートに対応していない

海外業者を選ぶ上で日本語サポートに対応していることは必須です。

サイトが日本語に対応しているからと言って日本語サポートがあるかというとそういうわけでもありません。

出金トラブルはもちろん、取引の際、何か疑問があった際などに日本語サポートがないとその国の言語で問い合わせしなければいけないため、しっかりと自分の言いたいことを相手側に伝えられない可能性が高いので、しっかりと日本語サポートに対応している海外業者で口座開設しましょう。

口座維持に手数料がかかる業者は注意

口座維持手数料など意味不明な手数料が必要な海外業者にも注意が必要です。

そもそも口座を維持するのに手数料が掛る業者なんて聞いたことが無い方も多いはずです。

そんな聞いたことないような手数料を取られるような海外業者は信用出来ませんし、会社に何かあったとき資産を保証してもらえる可能性がかなり低くなりますので、よくわからない名目の手数料がかかる業者で口座開設はしないでください。

会社情報に代表者や住所の記載が無い

これも大切な要素なのですが、ホームページの会社概要ページを見た際に、会社の代表者名や住所を記載していない海外業者があります。

このように代表者や会社の住所等、本来記載しなければいけない内容についてひとつでも記載していないような業者は例え優良業者だとしても会社として信用出来ませんので、このあたり(特に住所)も口座開設する前に確認しておくべきです。

特に日本の企業と違い海外業者の場合、そういった部分を曖昧にしている会社が多いです。日本でサービスを行うのであれば日本に合ったサービスや表記に対応すべきですので、そういったことをいい加減にしているような業者は危ないです。

安心して始めるバイナリーオプション業者

では、先ほどあげた問題点をすべてクリアしている業者はあるのでしょうか?結論から言うとあります。それがハイローオーストラリアです。

ハイローオーストラリアの画像

ハイローオーストラリアは、2010年設立の約10年に及ぶ老舗業者であり、賠償責任保険に関しても「ロイズ保険組合」に加盟していますし、オーストラリアの金融ライセンスを取得しています。

また住所の記載もしっかりありますし、日本語サポートにも対応しているほか、手数料に関しても口座維持手数料どころか、出金手数料すらかかりません。
なので、安心して取引を行うことが可能です。

以下にハイローオーストラリアの会社概要を載せておきます。

  • 会社名 HighLow Markets Pty. Ltd.

  • 住所 Level 14, Macquarie House

  • 167 Macquarie Street

  • Sydney, NSW 2000, Australia

  • 設立年月日 2010年5月10日

  • 取引銀行 ナショナル・オーストラリア銀行

  • 賠償責任保険 ロイズ保険組合

  • AFSL番号(ライセンス取得番号) 364264

  • 監督局 オーストラリア金融当局

初心者は特に注意!バイナリーオプションの危険なやり方

正しい業者の選び方は分かったと思いますが、次は取引の仕方で危険なやり方について解説します。

正直、業者の選び方よりも取引の仕方が最も重要な要素です。

初心者の方は取引の仕方を考えなければ勝てるようになりませんし、一時的に勝てたとしても継続的に勝てるようになりませんので、ここでしっかりと危険なやり方を確認しておきましょう。

有料ツールを使ったバイナリーオプション取引

まず1つの目の危険なやり方として、有料ツールを使った取引。

ツールを使った取引がなんで危険なのか疑問を抱く方もいると思います。

結論から言うとツールは役に立たないからです。

ツールは高いもので何十万円もの価格がするようなものがあります。

なぜツールが役に立たないのかというと、ツールはある手法をそのままプログラム化したソフトであるため、騙しと言われるその手法が反映されない場面においてもサインが出てしまうからです。

結果としてツールのサイン通りに取引をしていると負けてしまいます。

実際、多くのツール購入者は損をしていると言われています(管理人も私も苦い経験が多くあります)。

さらにツールに頼った取引の為、相場に対する知識や経験が身に付かず、いつまで経っても実力が付きませんので、初心者は特にツールを使った取引をおすすめできません。

勘に頼ったバイナリーオプション取引

2つ目の危険なやり方は、勘に頼ったバイナリーオプション取引。

これは取引とは言いません。ギャンブルと一緒です。

勝率が50%のバイナリーオプションを勘で行えば運よく連勝することはあるかもしれませんが、最終的には負けますので、絶対に勘に頼った取引はしないでください。

それをするのであれば、パチンコや競馬を行った方が効率的なので、勘で行うのであればバイナリーオプションは絶対にしないようにしましょう。

高キャッシュバック、ボーナス狙いで高額入金

3つ目の危険なやり方は、キャッシュバックやボーナス狙いで高額入金をして取引を行ってしまうことです。

海外業者の多くが設定しているキャッシュバックやボーナスは一見物凄く魅力的に感じると思います。初回入金額に応じて最大100%ボーナスなどかなり高額なキャッシュバックが貰えるので。

しかしこのキャッシュバックやボーナスには2つ注意しなければいけない点があります。

1つ目は入金しただけではボーナスが貰えない点。

これは入金額の20倍程度の取引をしなければボーナスを貰うことができない「ボーナス条件」を設けている業者です。初めての初回入金にこの内容が適応されることはまれで、どちらかというと定期的なキャンペーンでトレーダーの取引を活発化させるために、業者から案内が来ることが多いでしょう。

2つ目は初回入金によくある条件です。

入金後にボーナス分は直ぐに貰えるが、取引を終えて増えた残高を出金しようとすると、「出金条件未達成」のために出金が出来ない事例。

業者によって条件金額は異なりますが、入金額の20倍程度の取引をしなければ出金できない「出金条件」を設けている業者も存在します。

ボーナス自体はお得ですが、しっかりボーナスを受けるにあたって、発生する条件は確認しておきましょう。

確認なしで高キャッシュバック、ボーナス狙いで高額入金して取引だけはしないようにしてください。

いきなり高額でのバイナリーオプション取引

4つ目の危険なやり方は、いきなり最初から高額での取引をしてしまうこと。

初心者の多くの方が口座開設後いきなり何十万円、何百万円と入金してその日のうちに全額失ってしまう傾向にあります。

特にバイナリーオプションは性質上、数分から数十分で取引が終了してしまうため、何度も連続して取引してしまいがちです。

さらに、高額での取引を行きなりするとメンタル面にも大きな負担が生じます。特に大きくかけたときに負けた場合、メンタル面が不安定になりさらに高額を賭けた取引をしがちになります。

そのような取引を最初からしてしまうとメンタル的にも対応しきれず、結果として入金金額全てを失ってしまうでしょう。

初心者の方は最低入金金額からはじめ、メンタル面の負担が小さい状態で始める必要がありますので、いきなり大金を入金して取引はしないでください。

予算を決めずにバイナリーオプション取引を始める

5つ目の危険なやり方は、予算を決めずに成行でバイナリーオプション取引してしまうことです。

資金管理はバイナリーオプションを行う上で非常に大切であり、資金管理が出来ているか出来ていないかで大きな利益に繋がりますし、損失にも繋がります。

なので、取引を始める際は予算を決め1日いくら取引したらその日の取引を終了するというような損失を限定して行うようにしましょう。

確かに負けたままその日の取引を終了するのはメンタル的にも大きな負担になりますが、投資はその日の結果だけにとらわれていては結果として資産を全て失うことになりますので、予算を決めてそれに従って取引するように心がけてください。

取引ルールを決めずに取引を行う

6つ目の危険なやり方は、取引ルールを決めずに行うことです。

バイナリーオプションは勝率が大きく関わる投資で、継続的に勝ち続けるためには、勝率が60%程度必要になります。

勝率を安定させるために必要なのが取引ルールです。

これは損失を限定させる点で大きな効果を発揮します。例えば「1日3回エントリー」「1日1回負けたら終了」など損失を限定させるようなルールを独自で設定してバイナリーオプション取引を行うようにしてください。

投資を行う上で一番大切な考え方は、大切な資産をいかに長期間に渡って守りながら、徐々に増やせるかですので、その点を踏まえた取引ルールを決めるようにしましょう。

投資の勉強をせずにバイナリーオプションを始める

そして7つ目の危険なやり方は、投資に関する勉強をしないで取引を始めてしまうことです。

バイナリーオプションはシンプルなルールがゆえに初心者から甘く考えられがちで、何も勉強せずに取引をしている方は、必然的に負けてしまう率が高い傾向にあります。
勉強と言っても特別な内容の勉強をする必要はありません。

アメリカ・日本・ヨーロッパの相場が開く時間やローソク足の見方、上昇トレンド・下降トレンドの意味・移動平均線の活用の仕方など、基本的な知識を身に付けるだけで十分に取引出来ますので、最低限の知識を身に付けた上で行うようにしてください。

初心者はまずデモトレードから始めてみよう!

初心者の方は、口座開設する前もしくは入金する前に必ずデモトレードから取引を始めてみましょう。

特にハイローオーストラリアのデモ取引は、リアル口座と全く同じ取引画面、ペイアウト率で行うことが出来ますので、デモトレードから行い、自分の手法やバイナリーオプションのことをきちんと理解した上、リアル口座で取引するやり方をおすすめします。

ハイローオーストラリアのデモトレードは「クイックデモ」と言って、無料で口座開設をせずとも利用出来るので、まずはデモから始めてみる事がおすすめです。

詳細は→「ハイローオーストラリア デモトレードの利点!」で解説してます。

初心者にもおすすめなコツコツ利益化のやり方

以上が、初心者がバイナリーオプションを行う上でやってはいけないことでした。ここで初心者の方にもおすすめの実践的な手法をいくつか紹介します。

① 水平線を使った手法

水平線を狙え

水平線とはチャート上に引かれた水平のラインのことをいいます。以下画像に2本の水平線が見えると思います。

この水平線を直近の「高値」(一番高い値段の場所)と「安値」(一番低い値段の場所)に引いて水平線の場所にタッチしたら逆張りエントリーするというような非常にシンプルな手法です。

シンプルな手法ではありますが、水平線による取引をマスターすることで、相場の動き方や市場参加者の心理を理解することが出来ますので、非常に有効な手法と言えます。

② 酒田五法を使ったローソク足による分析方法

酒田五法の取引

こちらも初心者におすすめの手法です。

ローソク足の代表的な動き「酒田五法」を使ったシンプルな取引方法になります。

こちらをマスターすることで相場の短期的な動きが理解できるようになります。

③ 移動平均線を使った分析方法

移動平均線

移動平均線を短期・中期・長期の3本を利用した代表的な分析方法です。

こちらをマスターすることで相場のトレンドを理解しやすくなるでしょう。

以上が初心者におすすめの手法です。

また、初心者の方は1分取引ではなく「15分取引」から始めるようにしてください。

理由は、15分取引の方が勝率を安定させやすく、分析もしやすい為です。

一見1分取引の方が簡単そうに見えますが、バイナリーオプションにおいて1分取引や30秒取引はかなり難易度が高い取引ですので、1分取引を行いたい場合は、まず15分取引である程度(60%以上)の勝率を安定的に出せるようになってから行ってください。

でないと1分取引で勝ち続けるのは難しいと思います。

以上が初心者におすすめの手法と取引スタイルでした。最初は中々勝てないかもしれませんが、知識と経験を積み重ねていくことで、徐々に勝率が安定して勝てるようになりますので根気強くトレードしていきましょう。

バイナリーオプション稼げる口座と稼げない口座

稼げる?稼げない?TOP

バイナリーオプションには稼げる口座と稼げない口座があります。口座にはそれぞれ特徴があり、全く同じトレードをしても成績が異なることも珍しくありません。

ペイアウト率や、判定時刻などに差があり、これらは稼げる金額にダイレクトに絡んでくるので、バイナリーオプションの会社は慎重に選ぶ必要があるでしょう。

あらかじめ口座の特徴を知っておけば初心者の内から有利なトレードをすることが可能なので、トレード手法など投資方法の学習よりも先に、適切な口座を選ぶべきです。

1回や2回のトレードでは口座の性能による差が付きませんが、長期的に見るとかなりの損失になっていたということが少なくありません。

また、どの海外バイナリーオプション業者でも日本語に対応しているので安心です。

バイナリーオプションについて詳細な解説を「バイナリーオプションとは?」にて解説しておりますので、バイナリーオプションとは何かを、まずは知りたい方はそちらからご覧ください。

是非参考にしてみて下さい。

海外と国内バイナリーオプションの口座開設の流れを比較

稼げる?稼げない?口座開設の比較

実は、海外と国内ではバイナリーオプションの口座開設の流れが違います。

結論から言うと、海外の口座の方がスピーディです。まず、海外のバイナリーオプション口座開設は、申し込みサイトにアクセスし、本人確認書類を出し、審査に通ったらID・パスワードなどを決めてトレードすることが可能になります。

これに対して国内のバイナリーオプションの場合は、申し込みサイトにアクセスした後、本人確認書類の提出と同時に資産などの確認が必要です。

例えば、年収や業種などが求められます。場合によっては投資経験や、簡単な知識テストも行われます。これは、FX会社にも見られる傾向でしょう。

たったの1行程の差ではありますが、海外は数時間、早ければ数分で完了できるのに対し、日本の場合1週間ほどかかることもあります。

従って、海外と日本のバイナリーオプション口座開設にかかる時間はかなり違うのです。

本人確認書類の内容が正しいか確認する時間が必要なので、仕方のないことではありますが、早めにバイナリーオプションのトレードをはじめたい場合は、迷わずに日本ではなく海外の口座を選びましょう。

比較すると分かる!海外と国内バイナリーオプション決定的な違い

国内と海外の比較

国内と海外のバイナリーオプションは、かなり違います。海外はペイアウト率が安定しており、海外のバイナリーオプションは、大体1倍半ば〜2倍くらいです。

対して日本国内のバイナリーオプション業者のペイアウト率の決め方には海外業者とは違う仕組み適応されております。

国内バイナリーオプション業者ではスタート地点から目標地点までのレートの開きが大きい場合(勝率が低い)はペイアウト率が高く、目標地点までのレートの開きが小さい場合(勝率が高い)はペイアウト率が極端に低いです。(1.3倍程度)

ペイアウト率が高い時は当たった時のリターンは大きいので、良い投資になることもありますが、相場の変動幅をしっかり読み取る必要があり、リスクを考えると初心者にはオススメできません。

リスクを抑えて安定した2倍のペイアウト率でトレードできる海外バイナリーオプションが初心者に向いています。

また、海外のバイナリーオプションは、何度でも取引可能なので、チャンスを見つけたらトレードできます。

対して、日本は回数制限があるので、レート的にはチャンスでも逃してしまうことがあるでしょう。これらの理由も、海外バイナリーオプション業者が優れていると言えます。

もっと詳しく違いが知りたい方もいらっしゃるでしょう。「国内と海外バイナリーオプション業者の違いを比較」で詳細に解説していますので、気になる方はご一緒に御覧ください。

バイナリーオプション取引で口座凍結される原因とは

口座凍結の要因

バイナリーオプションの口座が凍結される原因はいくつかあります。例えば、他人の口座を使っている場合です。

バイナリーオプションやFX会社は、代理で取引をすることを禁じています。バレにくいと思うかもしれませんが、IPアドレスを確認しているという情報があるので、リスクは高いです。

もちろん、これらの会社がどうやって他人の口座でトレードしていると判断しているのか不明ですが、しないに越したことはありません。

初心者の方の場合、上手な他人にトレードしてもらいたくなるかもしれませんが、諦めましょう。

また、自動トレードツールを使用したことによる凍結もあります。バイナリーオプションの会社はこれを禁止している場合があります。

ただ、分析ツールが使えないわけではないのは救いです。バイナリーオプションをする場合は、MT4かMT5を使うのがオススメです。

これは、トレーダーの中では最も有名と思われるチャートです。機能性が素晴らしく、多様なインジケーターを出すことができます。

優秀過ぎて、初期搭載しているFX会社も存在するほどです。PCだけでなく、スマホ・iPhoneアプリもあり、手軽にインストールできるのが魅力です。

MT4やMT5があれば、あらゆる通貨ペアの情報を効率よく入手できるので、より良い相場分析が可能になるでしょう。この2つの違いは色々ありますが、MT4は機能満載で、MT5はシンプルで動きが軽いです。

MT5の方が初心者向けと言えるでしょう。

MT4とMT5について「猿でも分かるバイナリーオプションツールMT4・5導入~使い方」では、もう少し詳しく解説しています。ツールに興味のある方は、是非ごらんください。

バイナリーオプション業者の口座を選ぶ際の注意点

バイナリーオプションの業者を選ぶ時に重視すべき点はいくつかあります。

まず、出金できないような業者は、当然ですがリスクが高いです。せっかく良い相場分析ができてトレードが成功してもお金を降ろせなければ何の意味もありません。

バイナリーオプション業者の中にはこうしてお金を取る悪質なケースがあるので、業者の評判を確認して安全性を確保して下さい。近年は規制が進んだことにより、悪徳業者は減りましたが、まだまだリスクはあるので油断はできません。

ペイアウト率が低過ぎるのも問題です。ペイアウト率が低いと勝ってもお金が増えにくいので、効率的な投資にはなりません。

ただし、ペイアウト率が高過ぎると勝利条件が厳しい場合があるので、バランスが大切です。

意外にも、取引画面の使いやすさはそこまで気にする必要はありません。最初の内はストレスを感じますが、すぐに慣れるでしょう。

不安があればデモ取引で慣らして下さい。チャートが見にくいのはトレードに差し支えるので問題ですが、チャート分析はMT4やMT5で行えば解決できます。

ここまで、安全性・ペイアウト率・操作性について注意点を挙げましたが、次章で紹介するバイナリーオプション業者は、これらを全て解決しているので、大変オススメです。

おすすめの稼げるバイナリーオプション口座はコチラ!

オススメのバイナリーオプション口座は、次の3つです。

1.「ハイローオーストラリア」

ハイローオーストラリア画像

ハイローオーストラリアは、安全性が高いです。オーストラリアの金融当局の監視の下運営を行っているので、信頼できる業者と言えます。

トレード以外で思わぬ損失を被るリスクはとても小さいです。

出金も依頼した翌日に完了するなど基本的なサービスがとても充実しています。

ホームページにアクセスし、「口座開設お申し込み」から氏名などの情報を打ち込んで口座開設し、ログインしましょう。

その後、マイページ画面から「入金」を選択すればクレジットカード等から入金が可能です。反映まで少し時間がかかりますが、完了すれば取引を開始できます。

今ならハイローオーストラリアでは口座開設で5000円キャッシュバック中!

2.「ザオプション」

ザオプションの画像

ザオプションは、バヌアツ共和国金融サービス委員会の認可を受けているので、安全性のはハイローオーストラリアと同様です。

ザオプションならではのメリットは、取引機能が使いやすいことです。初心者でも感覚的に動かすことができるでしょう。

また、登録不要でデモ取引を行えるので、バイナリーオプションをこれから始める人にぴったりです。FX会社にたまに見られますが、バイナリーオプションでは珍しいです。

数分単位の取引が中心なので、判定時刻が短く、相場を読みやすいため、より正確な相場分析や投資ができる業者と言えます。

ホームページから「口座開設はこちらから」を選択し、氏名などの情報を打ち込むことでログインが可能です。その後、本人確認書類を提出してから入金が可能になり、トレードできます。

今ならマイビットボーナスと別に
初回入金で最大6,000円も貰える!

3.「トレード200」

トレード200のTOP画像

「トレード200」は上の2つと同様に安全性に優れており、出金がきちんとできます。約1.7倍〜2倍とペイアウト率が優れているのも魅力です。

ホームページから口座開設することでログインが可能になり、「入出金」から入金することでトレードできます。

すぐに取引が出来て簡単に始める事が可能!

稼ぎにくいバイナリーオプション口座はコチラ

稼げなくて悔しい

バイナリーオプションは、あらゆる点から見て海外口座が優れているのが現状です。

安全性に不安を持った書き込みがよく見受けられますが、「ハイローオーストラリア」「ザオプション」などは大変しっかりしています。

日本バイナリーオプション業者では「GMOクリック証券 – 外為オプション」や「オプトレ!」が人気ですが、総合的に見て海外口座の方が優れています。

これらの口座が悪い訳ではありませんが、なるべく安全性の高い海外口座を中心に検討しましょう。

詐欺かも!?気を付けたい海外バイナリーオプション業者2つ

詐欺の可能性も?

海外口座の中には詐欺の疑いを持たれているものがあるのが現状です。「BinaryKing13」や「fxbinary」が疑われています。

その理由は、どちらも出金ができなかったという例があるからです。また、株で言うところのインサイダー取引に近いことを行った某YouTuberが勧めていることからも疑わしいという声が上がっています。

もし、詐欺にあった場合は、国民生活センターや消費者センターに連絡をしましょう。

複数のバイナリーオプション業者の口座を開設するのがオススメ!

「ハイローオーストラリア」と「ザオプション」、「ファイブスターズマーケッツ」、「トレード200」など何社かの口座複数持っておいた方が良いでしょう。

例えば、1つの口座だけではメンテナンス時にトレードできなくなってしまいますし、それぞれ取引種類の違いから得意分野が異なるので、複数の手法がある場合、それに合った口座を選ぶべきです。

また、業者毎にキャンペーンを行っているので、達成出来そうなものがあるなら積極的に開設すると多くのお金が手に入ります。

法人口座を開設できるバイナリーオプション業者もある

これまで、海外の業者をオススメしましたが、法人口座開設はできないので、法人用のバイナリーオプションをしたい場合は日本の口座を利用しましょう。「バイトレ」などが対応しています。

バイナリーオプションとは?

バイナリーオプションってなに?

バイナリーオプションはオプション取引です。為替金融商品の一種でFXに似ている言われる事が多く、確かに共通する部分は多いというのはあるのですが逆に、違う面もはっきりとしています。

株やFXでは「買う→売る」または「売る→買う」という形で売買のタイミングを常に伺って取引を行いますが、バイナリーオプションでは売る必要がない「買う」だけで取引が成立する単純なルールとなります。
「買うだけで取引が成立する?」株やFXを経験されている方は疑問に持つでしょうが、10分後の相場が今より上がる下がるかを予想して「上がるチケット」「下がるチケット」を買うだけということです。当たれば配当が受け取れ、外れればチケット費用が無くなります。

つまり、バイナリーオプションの利益、損失は値幅によって決まるのではなくペイアウト率できまります。上がる下がるのを予測して、投資をした時の値段より上がるとHIGH、下がるとLOWになります。リスクが管理しやすいと言われますが、それは一度の取引での損失額が一定だからです。

業者によっては違う呼び方をすることもあるのですが、これがバイナリーオプションで基本となるハイロー(High&Low)になるわけです。

ギャンブルに近いながら投資と呼ばれている理由

777

上がるか下がるかを予測するだけと聞くとギャンブルに近いのではないかと想像される方も多いのではないかと思うのですが、投資に分類されるのには理由があります。

勘で取引をするだけでは50%近くしか予測が当たる確率はありませんが、為替を対象としているので経済の動き、景気や諸外国の動向などによって、動きの予測ができます。

もちろん確実な予測というものではないのですが、50%近い勝つ可能性を更に高めていけるわけです。バイナリーオプションが為替金融商品の一種として考えられるのは賭けるではなくて予測をすることができるからです。

バイナリーオプションで生計を立てる難しさ】でも説明していますが、安定して勝率60%以上を出せるようになればバイナリーオプションだけで生計を立てることも夢ではありません。

バイナリーオプションの知名度があがったのはどうして?

バイナリーオプションは少し前までは知名度も低く注目されるような金融商品ではありませんでしたが、取引の仕方が簡単でリスクの管理がしやすい投資として注目があつまりました。日本に入ってきたのはFXとほぼ同じ時期になりますが、名前を聞くようになったのはつい最近です。

バイナリーオプションは投資初心者の方にはわかりやすく、始めやすい投資と言ってもいいでしょう。ですが、注意が必要なのはあくまで投資なのでリスクが伴います。その辺りをしっかりと頭に入れた上で次のSTEPへ進みましょう!

株価が倍になる銘柄を探す苦労を別の投資に向ける

第二のガンホー【3765】を探す苦労は無駄!?

昨年より世間に億万長者の夢を与え続けている株:ガンホー【3765】ですが、株取引未経験者でさえもその名を知っているぐらいに一気に知名度を上げています。もちろん世間一般の方は「パズドラ」から認知しているのですが、投資を行った人は誰もが次のガンホー株はどれだ!?と躍起になって探しています。

確かにガンホー【3765】はパズドラをリリースして素晴らしい成果を挙げています。しかし、これがいつまでも続くことは“絶対にありえない”のです。そしてこれ程までに盛り上がる株が早々に出るはずもありません。確かに今はアベノミクス経済発表・対策により株価は上がっていますが、日経平均に調整が徐々に入っているところを見ると今後このような爆発的に伸びる株には注意が必要です。いつ暴落するか分からないリスクを背負いながら次のガンホーを探すのは得策とは言えません。

1度の取引で当資金を2倍に出来る投資案件

株取引では資金を持てば持つ程に大きな利益を得るチャンスがありますが、投資金額の2倍になる機会にめぐり合うことは滅多にありません。実際に株価が数日前から2倍になってるようなことはありますが、それを最初の値から掴んでいるかは別の話です

それではどうすればいいのか?一つの答えとして株取引ではない投資を始めることです。ここで紹介するのはバイナリーオプションというものですが、これは10分後の株価や為替相場が今よりも上がっているか・下がっているかを予想するものです。予想が当たれば2倍前後の配当を得ることが出来ます。更に小額から始められる点も不安要素を解消する一つです。単純計算でも50%は勝てる為、近年では投資家の間でもバイナリーオプションに注目が集まっています。

バイナリーオプションについては【バイナリーオプションとは?】に詳しく紹介しています!参考にしてください。

株取引でも確かに資金が倍になる可能性は秘めていますし、それを否定はしません。実際にガンホー【3765】を昨年から保持して今も持っている方は夢のような資産を手にしています。しかし、夢見がちに投資は行うものではなく、資金を増やすことを投資と定めるならばチャンスの選択肢を増やすことは考えてみるべきかもしれません。