'チャート' Tag

バイナリーオプション取引はチャート相場を見て購入タイミングを計ろう

取引可能時間を利用して有効的なバイナリーオプション投資を行う

株やFXでは取引可能時間内ならば売買の取引が自由に行えますが、バイナリーオプションでは仕様が異なります。
購入期間が定められており、その期間が終わると判定期間に入ってしまう為、判定期間になると購入が一切行えなくなります。
原則として購入期間内のどのタイミングで購入を行うのかが重要となってきます。

バイナリーオプション業者が公開しているチャートは取引開始~判定までのチャートしか表示していない為、取引を行う場合はせめて当日のチャートが見れるようなページやツールを別に用意しておくことが大切です。
チャートのページはGoogleで「ドル/円」などで検索するとチャートが見れるサイトがたくさん出てくると思います。見やすいサイトのチャートを確認すればよいでしょう。
チャートツールに関してはMT4・5などを使って確認しているトレーダーが多いです。
導入方法は簡単なので【猿でも分かるバイナリーオプションツールMT4・5導入~使い方】を参考に一度使ってみましょう。
為替相場の流れは10分などの短い時間ではどのように変化するか分からない為、紹介したチャートのページやツールなどを使って、1日のチャートを見ながらどのように傾くのかを予想するわけです。

上下の一方にチャートが偏っている場合、暫く見ていると相場に反発の兆しが見えることがありますが、このタイミングで購入することでそれ以上より逆にチャートが寄ることはある程度防ぐことが出来ます。
購入期間内にこの反発が表れるかどうかは流れ次第となりますので少しでも勝率を上げるべく、購入期間の時間をギリギリまで利用して条件の良い機会を伺って見てください。

バイナリーオプションでは見送ることも大事な投資判断

購入期間内にチャートを見ていると締切が迫ってくることが多々出てくるはずです。
この時に締切だ!と焦って無理に取引をしないことが大切です。いつも良い条件がそろうような取引は行えません。むしろそんな機会は稀です。
じっくり機会を待つことが出来ないと無駄な取引(ギャンブル)に身を投じているものと何も変わりません。

バイナリーオプションは最短30秒間で1取引が終了する取引もあります。業者にもよりますが、24時間近く営業している業者も存在しており、朝の7時から次の日の朝6時まで運営している場合、30秒取引であれば1日に46回も取引チャンスがあります。
ずっと見続けることは不可能ですが、何度か見ていると明らかにチャンスと呼べる機会に巡り合うことがありますので“見送ることを勿体無い”と思わずに意識して投資を行うことが大切です。

円高・円安を為替チャートから読めればバイナリーオプションの勝率は上がる

バイナリーオプションの戦略である過去の為替チャート記録

バイナリーオプションではHighLowを予想して当てるだけ。
このシンプルな仕組みだからこそ対応出来る戦略も限られてきます。今回はその中でもトレード記録から予測する戦略をご説明します。

これは誰もが利益を得やすい立場にあると説明したバイナリーオプションのチャート:後出しでも有利な投資が可能でも少しお話を致しました。

現在の為替のチャートと似ているチャートを過去の記録から探してみるといいでしょう。

ギャンブル・投資であっても過去の記録を参考にして成果が上がるものがありますが、実際にバイナリーオプションにおいてもこれが有効です。

特に2択の選択肢しかない為に結果に反映する可能性が他の投資に比べても検証がしやすく簡単です。

それでは次に“過去のチャートをどうやって探すか”これが問題になってきます。
確かに一昔前ではチャートを見るのにも担当者へ電話やテレビを見て確認しないと分かりませんでしたが、現在はインターネットに便利なチャートを見れるMT4などのメタトレーダーというツールが多く配布されています。
どれが良いと言い切ることは出来ませんが、原則として自身が利用してみて一番見やすいものを利用すると良いでしょう。

ここまで準備出来ましたら最後に注意点をお教えします。
いくら似通ったチャートの流れを見つけることが出来たとしても「過去のチャートはあくまで過去のもので今と同じチャートではない」ということは覚えておいて下さい。
過去に捕らわれると先が見えないなんてドラマや漫画でよくあるシチュエーションですが、実際に見失わないようにしないことが大切です。

記録に深追いはせず、一つの目安と考えて他の要素を加えた上で取引することが大事です。まずは小額から始めてみて勝率を調整した上で本格的な取引に移ってみて下さい。

チャートが見やすくしっかり使えるだけで有利!

こちらは戦略と呼べるかはわかりませんが、業者を選ぶ段階で勝敗が決まっている可能性も考えてみましょう。数あるコンテンツの中でも取引に直接関わってくる「チャート」というのは非常に大事なものです。もちろん個別にMT4などを用意されている方もいらっしゃるでしょうが、どちらかのチャートに多少ズレがある場合があります。これはどの業者を見ても違うものなのですが、どの部分、どのタイミングでチャートを持ってきているかによって、違うのかもしれませんね。

値動きがわかりやすいチャート

どういった予想をするかにもよりますが、まずは値動きがわかりやすいチャートを選ぶべきです。どういった投資をするにしても勝ったか負けたかもわからないようなチャートじゃモチベーションも下がってしまいます。

投資であるということを覚えておきましょう。もちろん簡単にできる投資であるのがバイナリーオプションなのですが、運で利益を得ようとすると最低で50%ほどの勝率しかありません。勝つ可能性を少しでも高めていく必要があるのです。

そのために必要なのが情報です。経済指標の発表であったり、チャートからの情報であったり、必要な情報を集める事が必要です。だからこそバイナリーオプションは投資です。

何を中心で考えるかでチャートは変わる

予想に使うものはなにかを考えましょう。ローソク足チャートであったり、テクニカルチャートであったり。普通のチャート以外にも業者によってはチャートが用意してあったりするので、自分が使うものがあれば業者を選ぶ理由として考えてみるのもいいかもしれませんね。

自分の取引のスタイルで何を中心に考えるかで選ぶ業者も変わってきます。もちろんその中で1番使いやすい業者、ペイアウトの高い業者、安全面で秀でた業者を選ばなくてはいけません。そう考えると業者は簡単にペイアウト率だけで選んではいけないことがわかってもらえると思います。

そういう時に重要になるのがテクニカルチャートです。多くの要望に対応できるようになっていて一つあれば他のものはいらないと感じてしまうくらいのチャートではないかと思います。使いやすさはそれぞれあると思うのですが私の知っている限りのものは非常に使いやすかったです。

24オプションのテクニカルチャート

ローソク足チャート

ソニックオプションのローソク足チャート

短期取引で必須と言う方もいらっしゃる位の代物が「ローソク足チャート」です。これは過去のデータから予想する典型のタイプです。使いやすくはあるのですが、しっかりと覚えて有効に使わなくては効果を実感することはできません。まずはしっかりと使えるようになるまでパターンを覚えることから初めないといけませんが覚えたら使える。の最たるものです。

しっかりと覚えて利益につなげましょう。チャートの特性を理解して上手く使う事も戦術だ思いますしっかりと使えるように勉強は必要ですが、使える戦術になると思いますよ!

この戦術が使える激アツ業者はココだ!

トレード200

トレード200

  • 業者名:トレード200
  • 口座開設時間:即時
  • 判定タイプ:ハイアンドロー、60セカンド、RETURN200
  • ペイアウト率:約1.74倍~2.00倍
  • 取り扱い通貨:7通貨ペア
  • 最低取引額:200円

FXも株もやったことないバイナリーオプション初心者の方は便利なローソク足チャートが表示!
非常に役にたつ「ローソク足 チャート解説」や「経済指標カレンダー」のコンテンツが取引を有利に進めることができます。

取引はシンプルの3種類ですが、バイナリーオプションでは1分に加え、珍しい2分取引も行えます。短期取引に特化したバイナリーオプション業者と言えるでしょう。

ソニックオプション

ソニックオプション

  • 業者名:ソニックオプション
  • 口座開設時間:即時
  • 判定タイプ:ハイアンドロー、60セカンド、30セカンド
  • ペイアウト率:1.75倍~期間限定 2.2倍
  • 取り扱い通貨:6通貨ペア以上
  • 最低取引額:500円

今なら当サイト経由で口座開設された方は最低入金額2万円→1万円からになります!
更に今なら期間限定でペイアウト率が最大2.02倍→2.2倍にUP中!
短期取引が可能で資産運用の新しい時代を感じます。新しく誕生した業者です。投資金額は500円~50,000円と幅広く様々なニーズに対応しています。短期の取引をされたいなら新しく出来た業者を開拓してみるのもいいでしょう!

バイナリーオプション取引の平均開始値を割り出したチャート攻略

バイナリーオプションの取引開始値に注目

バイナリーオプションの取引を行う際に上がる・下がるの中心線が必ず定められていますが、これが中心となって取引が進むことになります。
仕組みは分かりませんが、恐らく色々な要素から導きだして一方に予想が寄らないように調整していると予測されます。

この開始値の記録を取って行くことで1時間・1日における平均開始値を知ることが出来ます。次の取引にて導き出した平均開始値よりも上に設定してある取引場ならばLowに傾く可能性が上がる為、よっぽど大きく変動している相場でなければ勝率が上がるというわけです。

取引開始値はあくまで目安:流れを見極める

先に少し説明しましたが、流動性がない相場ならこのやり方で勝率を50%以上にすることは可能です。
しかし、流動性がある相場だと平均の数値は何の意味も持ちません。実際に出来る限り中心線に寄せたい業者ですらも予測できてない為に相場が荒れた結果が出るということです。

まず第一に流動性がある大きな変動が目に見えて分かるような相場では別のチャートを攻略を頭において実戦してみましょう。もし何も思いつかないような状況ならば取引を見送り、流れが落ち着くまで待ってみることも一つの方法です。
決して無理を行わないように流れを見た上で取引を行ってください。