Author Archive

【徹底比較】トレード200に登録前に要チェックなバイナリーオプション業者

【徹底比較!】トレード200に登録前に要チェックなバイナリーオプション業者

バイナリーオプションをどこの業者でしようか悩む方も多いのではないでしょうか。

バイナリーオプションの業者の中でも特にトレード200やハイローオーストラリア、ザオプションも有名ですよね。

でもどれも同じように見えて、実際本当に自分にあった業者がどれなのか、本当に安全なのか悩む方も多いと思います。そんな方のためにそれぞれの業者にどのような特徴があり、どんな方におすすめなのか徹底的に比較してみました。

ぜひこの記事を参考にご自身に合うバイナリーオプションの業者を選んでみてくださいね。

トレード200とハイロー、ザオプションを簡単に比較してみた

まずはトレード200とハイローオーストラリア、ザオプションのそれぞれの特徴を簡単に比較してみました。

以下の表を参考に何を重要視すべきか一度考えてみてくださいね。

トレード200ハイローオーストラリアザオプション
安全性低い高い高い
通貨数全7銘柄全25銘柄全18銘柄
取引方法HIGH&LOW・短期取引・RETURN200・ポイント取引HighLow・HighLowスプレッド・Turbo・TurboスプレッドHighLow・HighLowスプレッド・短期取引
ペイアウト率1.73倍~2.00倍1.85倍~2.30倍1.81倍~2.00倍
ボーナス入金ボーナス口座開設・HighLowポイント・VIPボーナス・隠れボーナス口座開設・初回入金ボーナス・VIPボーナス・bitwallet入金ボーナス
出金方法銀行・iWallet銀行銀行・bitwallet・ビットコイン
最短出金日数翌営業日~翌々営業日翌営業日~翌々営業日即日~3日
最低取引額200円1,000円1,000円
最高取引額50,000円200,000円50,000円
デモの有無なしありあり

トレード200とハイローオーストラリア、ザオプションをそれぞれ比較してみましたが、細かいところを含めかなり違います。

特に安全性やペイアウト率など各社特徴があります。それぞれの違いについてさらに詳しく解説していきます。

トレード200とハイローオーストラリア、ザオプションの違いは?

トレード200とハイローオーストラリアとザオプションの違いは?

トレード200とハイローオーストラリア、ザオプションの各業者について、さらに詳しく項目ごとに見ていきます。

詳しく比較することでより差がわかりやすくなることもあります。引っかかるポイントがある場合には、気になる所をより詳しく見て、疑問点を解消するようにしましょう。

安全性

バイナリーオプションの業者を選ぶ際に一番重要なのは、安全性です。

海外業者の中には入金はできるけれども中々、出金することができない、出金する際の条件が厳しい業者などもあります。必ず安全性が高く、出金が確実にできる業者で取引をするようにしましょう。

トレード200、ハイローオーストラリア、ザオプションそれぞれの安全性についてですが、ハイローオーストラリアとザオプションは共に、比較的安全性が高い業者となります。

ハイローオーストラリアやザオプションは金融ライセンスの表記があり、ウェブ上の口コミでも出金が確実にできていることが分かります。しかしトレード200は他の2社に比べると安全性が高いとは言えません。

金融ライセンスの表記はなく、会社名、所在時、メールでの問い合わせのみの業者となりますので、取引を行う際には注意したほうがいいでしょう。

通貨数

バイナリーオプションの取引を行う際には通貨数も、大切な要素の一つです。

通貨数が多いと取引回数も自然とふえることが予想されます。トレード200、ハイローオーストラリア、ザオプションの3社の中でも特にハイローオーストラリアは全25銘柄と多様な銘柄で取引ができます。

取引できる銘柄も日々増えているので、色々な銘柄で取引をしてみたい方にはハイローオーストラリアがお勧めです。

ペイアウト率

トレード200、ハイローオーストラリア、ザオプションの中でも一番ペイアウト率が高い取引があるのが、ハイローオーストラリアの2.30倍です。

ハイローオーストラリアの中でも取引方法によっては1.85倍になるものもありますが、最低ペイアウト率でも他の業者よりも高くなっています。

ペイアウト率は利益に大きく影響を与えるポイントになります。大きな利益を目指すのであればハイローオーストラリアを選ぶのがおすすめです。

ボーナス

トレード200、ハイローオーストラリア、ザオプションそれぞれ、入金時や口座開設時などに取引の際に利用できるボーナスをもらうことができます。

その中でもトレード200は入金ボーナスのみとなっており、ボーナスは少なくなっています。期間限定、先着順のボーナスも多いので注意が必要です。

また、ザオプションはこの中でもボーナスがとても多い業者になっています。期間限定のサービスではなく、いつでもボーナスをしていることもあり、とてもおすすめです。

出金方法

出金方法は主に銀行がメインとなっていますが、トレード200はiWallet、ザオプションはbitwallet、ビットコインの2つも出金することが可能です。

出金方法によっては手数料が無料の場合もあるので、ご自身の利用しやすいものを利用するといいでしょう。

最短出金日数

出金日数に関しては、ザオプションは即日の対応も可能となっており、とても便利です。

その他の業者に関しても翌営業日には出金が可能なので、どこの業者を選んでもとても遅いということはないでしょう。

どうしても早く出金できる業者が良い場合には、ザオプションを選ぶといいでしょう。

最低取引額

最低取引額はトレード200のみ200円ですが、ハイローオーストラリアやザオプションは1,000円となっています。最低取引額が少ないと気軽にトレードしやすく、まずは始めて見ようという方には、低額からトレードを始めてみることをおすすめします。

ただし、トレード200は最低取引額は200円と一番安くなっていますが、最低入金金額は20,000円になっています。

200円の取引を数回行うために、20,000円を入金しないといけないことになってしまいますので、注意が必要です。

また、月に数万円以上の利益を目指す場合には、最低取引額に関しては考慮しなくてもいいでしょう。

最高取引額

最高取引額はハイローオーストラリアは200,000円ですが、ザオプションやトレード200は50,000円となっています。最高取引額が高いと1回のトレードで得られる利益を高めることができるので、取引回数を多くしたくない方にはハイローオーストラリアがおすすめです。

ただし、取引額が多くなるということは、損失を出す可能性も高くなるということです。

20,000円でエントリーするつもりが誤って、200,000円でエントリーしてしまったという間違いも発生する可能性があります。取引する際には十分に注意するようにしましょう。

デモの有無

トレード200にはデモがありませんが、ハイローオーストラリアやザオプションにはデモがあります。

バイナリーオプションの取引はとてもシンプルな取引ですが、事前に取引画面などをデモで練習できたほうがリアルにトレードを行う上で有利になることも多いです。

まずは実際のエントリーを始める前に、トレードのイメージをつかむためにもデモで練習するのがおすすめです。

初心者の方はデモがある業者で試してみるようにしましょう

ハイローオーストラリアやザオプションにはどちらもデモがあり、登録をしていなくても、無料で何度でも利用できるので興味がある人はハイローオーストラリアかもしくはザオプションのどちらかで一度デモを試してみるといいでしょう。

ハイローオーストラリアのデモを試してみる

ザオプションのデモを試してみる

結局どの業者が一番おすすめ?

トレード200とは別のバイナリーオプション業者2選

トレード200やハイローオーストラリア、ザオプションを詳しく比較してきましたが、総合的に評価するとハイローオーストラリアか、ザオプションで取引をするのがおすすめです。

まずトレード200は安全性が低く、出金トラブルが多いとの口コミが多く不透明な部分が多いです。取引できる通貨数も少ないので、あえてトレード200を選んで取引を行う必要性はないでしょう。

また、ハイローオーストラリアとザオプションのどちらにするか悩んでいる場合には、通貨数が多く、様々な通貨で取引を行いたい、1回の取引金額は50,000円以上で行いたい場合にはハイローオーストラリアを選ぶといいでしょう。

ハイローオーストラリアの公式サイトへ

即日出金をしてほしい場合にはザオプションを選ぶといいでしょう。

ザオプションの公式サイトへ

【安定して稼ぎたい人注目】ソニックオプション登録前に要チェックな業者

【安定して稼ぎたい人注目】ソニックオプション登録前に要チェックな業者

せっかくバイナリーオプションをやるなら、安定して稼げるようになりたい。そう思っている人はいませんか?

実はこのソニックオプション、バイナリーオプション業者の中でも短期取引に向いている業者と言えます。短期取引はその名の通り、短時間で判定がわかる取引です。しかし、短期取引だからこそコンマ0秒単位のエントリーの遅れが命取りになってしまうのです。

そこで今回は、短期取引もできつつ分単位の取引ができるバイナリーオプション業者を比較しつつ紹介します。

メリットとデメリットを見比べてください。そして自分の取引にあった業者を選ぶようにしてください。

ソニックオプションのメリットとデメリット

まずは、ソニックオプションのメリットについてご紹介します。

ソニックオプションのメリット

  • レンジ、ショート、ハイローの3つの取引で短期取引に向いている
  • 最小取引額500円
  • メルマガで有益な取引情報を教えてもらえる

このようなメリットが挙げられます。まとめると、低リスクで短期取引に向いているという事です。

次にデメリットについてです。

ソニックオプションのデメリット

  • 取引時間の選択が少ない
  • エントリータイミングが遅れがち
  • ペイアウト率が実質的に1.75倍

というデメリットが挙げられます。このデメリットからは、取引が短期をメインに扱っているのに、エントリータイミングが遅れがちで、なおかつペイアウト率が低い。という事がわかります。

ソニックオプションとは別のバイナリーオプション業者2選

ソニックオプションとは別のバイナリーオプション業者2選

そして、今回紹介するバイナリーオプションの業者は「ザオプション」と「ハイローオーストラリア」の2つの業者です。

この2つの業者はソニックオプションと比較すると、比較的に安定して取引ができる業者とも言えます。

その理由は
・選択できる取引時間が豊富であること
・約定力が高いこと

これが挙げられます。

今回は、

  • 1.ライセンス保持
  • 2.ペイアウト率
  • 3.出金速度
  • 4.入金方法
  • 5.ボーナス
  • 6.デモ取引

の項目を基準に比較していきます。

各業者でメリットとデメリットがありますので、そこも含めて、初心者も気にするべき6つの項目と合わせて比較してください。そしてこちらがソニックオプションの6つの項目です。

ライセンス保持なし
ペイアウト率1.75〜2.0倍
出金速度最短5営業日
ボーナスがある場合は、金額に応じて出金額が変動する
入金方法クレジット・銀行振込・Vプリカ・ビットコイン
ボーナス出金時に反映
ただし出金に条件あり
デモ取引なし

ザオプションの特徴と比較

ザオプションの特徴と比較

まずはザオプションについて見てみましょう。ザオプションの特徴としてはこのような事が挙げられます。

ザオプションのメリット

  • キャッシュバックが大きい
  • サポートが早い
  • 約定力が強い
  • 最低入金額5,000円から
  • 金融ライセンスを持っている
  • 最短30秒から取引可能

このような事が挙げられます。

最短30秒からの取引が可能で約定率が高いため、短期取引にも安心して取り組む事ができます。また最低入金額が5,000からなので、低リスクでバイナリーオプションを始める事ができるでしょう。

そして金融ライセンスを取得しているため、安全で健全な取引をする事ができます。

一方デメリットとしては、

ザオプションのデメリット

  • 出金の手数料が高い
  • 最大出金額が決まっている

このような点が挙げられます。

このデメリットから、出金時に大きなデメリットを感じると言えます。例えば口座レベルが一番下の場合、カードは30日間で50万円まで。銀行振り込みは10日間で50万円まで。というように決まっています。

また手数料についても、無料になるのは条件が決まっていますし、カードは1,000円、銀行振込は2,000がかかってしまいます。

そして6つの項目も見てみましょう。

ライセンス保持保持している
ペイアウト率1.80倍〜2.0倍
出金速度最短即日
口座ランクによって手数料と出金回数が変化
入金方法クレジット・銀行振込・bitwallet・ビットコイン
ボーナス入金金額と取引額に応じてキャッシュバック
デモ取引あり

このようになっています。

ライセンスを保持していることもあり、金融庁に認可されている証拠でもあります。そのため安心して取引をする事ができると言えます。

ソニックオプションと比較すると、安心面をあげて取引できる業者がザオプションであると言えるでしょう。

ハイローオーストラリアの特徴と比較

ハイローオーストラリアの特徴と比較

次にハイローオーストラリアの特徴についてみてみましょう。

ハイローのメリット

  • 口座開設の申し込みで5,000円のキャッシュバック
  • 最大2.3倍のペイアウト率
  • 取引時間が分単位もあって豊富
  • 賠償責任保険に入っている

これらが挙げられます。

ハイローオーストラリアの特徴は、なんと言ってもペイアウト率の高さにあります。同じ期間、同じ金額で取引をした場合、ペイアウト率が高い方が利益となる金額が多いのでありがたいですよね。

また、賠償責任保険に入っているので、口座内の金額を保証してくれます。より安心安全に取引をする事ができます。

次にデメリットについてです。

ハイローのデメリット

  • 最小取引額が1,000円からと高め
  • ライセンスを保持していない

このような事が挙げられます。

1,000円からの取引について、問題ないと考える人もいると思います。しかし、初心者のうちは際少額での取引をしたいでしょう。

その場合20,000円が口座内にあった場合、ソニックオプションでは40回。ハイローオーストラリアでは半分の20回しか取引ができないことになります。そしてライセンスを持っていないことも、安心面にかけると言えます。

しかし、過去にライセンスを保持していた事実もあります。それが規制を受けた結果、ライセンスの剥奪につながってしまったということになります。

現在保有していないとはいえ、過去の規制ではライセンスを持っていたというのも事実です。

そしてこちらが6つの項目です。

ライセンス保持なし
ペイアウト率1.85〜2.3倍
出金速度最短即日
入金方法銀行振込・クレジット・ビットコイン
ボーナスキャッシュバックあり
取引のタイミングで反映
デモ取引あり

やはり、他2つと比べてペイアウト率が大きく秀でていると言えます。

つまり、取引がうまくいっている場合、ペイアウトが大きく利益につながりやすい業者だと言えるでしょう。

ザオプションの登録に必要なもの

ザオプションの登録に必要なもの

ここまで読んで、ザオプションを使って取引をしたいという人もいると思います。そこでここでは、登録に必要なものをご紹介します。

  • ・顔写真付き身分証明書
  • ・現住所書類確認書類

この2つが必要になります。ですので、登録する前にこの2つをご用意してから登録に進むようにしてください。

詳しい登録方法は【ザオプション(theoption)の登録・口座開設をする方法】にまとめておりますので、参考にしてください。

ちなみに顔写真付き身分証明書は、免許証やパスポート、マイナンバーカードとうです。そして現住所書類確認書類については、請求書や住民票、保険証等がそれに当たります。

ハイローオーストラリアの登録に必要なもの

ハイローオーストラリアの登録に必要なもの

次にハイローオーストラリアの登録に必要なものを紹介します。

  • ・メールアドレス
  • ・顔写真付き本人確認書類
  • 本人確認書類と同じ住所が記載されている郵便物

この3つが必要になります。

またハイローオーストラリアの登録には、20歳以上であることが条件になりますので注意してください。そして3つ目に挙げた郵便物についてですが、電気代やガス代などの請求書を用意しておけば問題ありません。

詳しい登録方法は【ハイローオーストラリアの登録・口座開設をする方法】にまとめておりますので、参考にしてください。

事前に準備しておけばスムーズに登録できますので、準備してから登録するようにしてみてください。

まとめ

今回はザオプションと、ハイローオーストラリアについて紹介しました。3業者を比較すると

ソニックオプションザオプションハイローオーストラリア
ライセンス保持なし保持しているなし
ペイアウト率1.75〜2.0倍1.8〜2.0倍1.85〜2.3倍
出金速度最短5営業日
ボーナスがある場合は、金額に応じて出金額が変動する
最短即日
口座ランクによって手数料と出金回数が変化
最短即日
入金方法クレジット・銀行振込・Vプリカ・ビットコインクレジット・銀行振込・bitwallet・ビットコイン銀行振込・クレジット・ビットコイン
ボーナス出金時に反映
ただし出金に条件あり
入金金額と取引額に応じてキャッシュバックキャッシュバックあり
取引のタイミングで反映
デモ取引なしありあり

ソニックオプションよりも安全面に配慮して、取引をしたいのであればザオプション。

利益をメインに考えるのであれば、ハイローオーストラリア。このような基準で選べますね。

【禁止国増!?】海外バイナリーオプションは今始めても大丈夫?日本の規制と法律

【禁止国増!?】海外バイナリーオプションは今始めても大丈夫?日本の規制と法律

コロナ渦の現在、経済不安で投資に関心を持つ人が増えています。海外バイナリーオプションの取引人口も拡大中です!

しかし、注目度に反して、バイナリーオプションは世界的に禁止する動きが強くなっています。日本の法律にも影響するのではないかという不安が尽きません。

そこで、これから海外バイナリーオプション取引をスタートする人の参考となるように最新情報と日本の法律、安全性について解説していきます。

バイナリーオプションの禁止国とはどこの国?

バイナリーオプションの禁止国とはどこの国

世界的なバイナリーオプション禁止の始まりは2016年ベルギーからでした。その後、EU(欧州)各国に広がりました。

■なぜバイナリーオプションは世界的に問題視されているのか?
バイナリーオプションが世界的に禁止となった理由は投機性の高さが問題視されたからです。

禁止国の対応は、投資の域を超えたバイナリーオプションというギャンブルから投資家を守るというスタンスのようです。しかし、政府公認のカジノが活発に行われている国々がバイナリーオプションを標的にしているのは不思議な感じがします。

もしかしたら、政府の利権問題などの事情による禁止令である可能性もありますね。

では、日本のバイナリーオプションに対する対応はどうなっているのでしょうか?

日本はバイナリーオプション公認国

日本は、数少ないバイナリーオプション公認国です!

2013年に規制されましたが、バイナリーオプションの取引はれっきとした投資商品として位置づけられています。

先進国では日本の同盟国であるアメリカもバイナリーオプションを公認しています。しかし、アメリカの規制は日本より厳しく、CFTC(米商品先物取引委員会)のライセンスを取得していない海外業者とは取引できません。

そのため、アメリカ人はハイローオーストラリア等の海外業者で口座を作ることを禁止されています。

つまり、アメリカでは日本のように国内と海外の業者の選択ができないわけです。

■その他バイナリーオプション公認国
中国・ロシア・マレーシア・南アフリカ共和国・シンガポール(規制有)

中国はバイナリーオプションに関して注意喚起をしていますが、規制はしていません。ロシアでは、バイナリーオプションはギャンブルとして扱われているそうです。

日本の法律とバイナリーオプション

日本の法律とバイナリーオプション

日本の法律では、バイナリーオプションを取り扱う業者は定められた規制を守り、登録する義務があります。

この規制と登録義務により、バイナリーオプションは国内と海外で大きく二分化されました。
個人向け通貨関連店頭バイナリーオプション取扱ルールの概要(金融先物取引業協会)

■規制による業者の対応

国内業者
規制を守り営業

海外業者規制を受け入れられないと判断→日本を離れ海外で日本人トレーダーを受け入れるという形で営業

また、海外業者が日本で登録を行うには様々な条件をクリアしなくてはなりません。

登録に時間やコストを費やすよりも海外に拠点を移した方が、効率が良いと考えられます。

投資家を守る為という名目で改正されたバイナリーオプションの取引規制ですが、トレーダーの間では大変不評でした。

■規制されたバイナリーオプションの主な問題点
・短期取引の禁止…予測が難しくなった
・1日12回の取引…エントリーチャンスが少ない
・ペイアウト率変動制…取引の難易度でペイアウト率が変わる(予想しやすい為替レートの動き→ペイアウト率が低下→当たっても利益にならない)

この規制で、国内業者から海外業者へと乗り換えるユーザーが急増しました。

国内業者が安全であっても、バイナリーオプションで稼げなければ取引を行う意味がありません。規制と国内業者・海外業者・バイナリーオプションの真相は【安心一番!海外金融庁に登録しているバイナリーオプション業者まとめ】の記事で詳しく説明しています。

日本の法律では海外バイナリーオプションは合法?

日本の法律で海外バイナリーオプションを取引することは違法ではありません。

また、無登録業者に関しても日本で営業していない海外の業者に対して、日本の法律で取り締まることは困難です。何故なら日本の法律を守ってもらうためには、国家間の交渉が必要だからです。

金融庁の海外バイナリーオプションへの注意喚起を読むと「海外業者との取引は禁止?」「違法なのでは?」と不安になりますが、法的な強制力はありません。

金融庁の言いたいことを分かりやすくすると「注意喚起はしたので、後は自己責任でやってください。何かあっても国は責任もてません」という感じですね。海外在住の日本人は取引できませんので注意してください

無登録海外業者に対しての法的対応について

海外の無登録業者に対して日本政府が取り締まることはないのでしょうか?

実は、日本で営業していない海外の無登録業者に対して、日本の法律で取り締まることは困難です。何故なら日本の法律を守ってもらうためには、国家間の交渉が必要だからです。

次項は、規制により国内から海外業者に流れたトレーダー人口について調べてみました。

現在のバイナリーオプション人口は?

2021年現在、バイナリーオプション人口はどのくらいいるのでしょうか?

国内バイナリーオプションの人口はおよそ2万5000人と言われています。

規制後に国内業者から海外業者に多くのトレーダーが流れたので、規制前の人口は今よりも多かったと予想されます。

では、海外業者でバイナリーオプションを取引している人口はどのくらいいるのでしょうか?はっきりとした取引人口の資料はないので、利用率で考えてみました。

バイナリーオプションの国内と海外業者の利用率は、国内が40%・海外が60%となっています。

国内のバイナリーオプションの人口が2万5000人だとすると5万人以上いるという計算になります。ハイローオーストラリアのホームページを見てみると″30万人を超えるお客様″という記載があります

現在のバイナリーオプション人口は

ハイローオーストラリアは顧客の9割が日本人と言われているので、予想以上に海外バイナリーオプション人口は増えているよう。

海外バイナリーオプションを始めても大丈夫?

実際のところ、海外バイナリーオプションを始めても大丈夫なのでしょうか?

法的に海外業者でバイナリーオプション取引を行う事は問題ありません。しかし、注意すべき点もあります。

注意点

  • 安心できる業者を選ぶ必要がある
  • 海外バイナリーオプションを狙った詐欺

海外業者は安全性に差があります。口座開設を行う前に業者の情報や拠点とする国のライセンス・営業許可などをチェックする必要があります。

また、海外バイナリーオプションは、詐欺などの悪い噂が堪えません。そして、実際に逮捕者がでた詐欺事件も発生しています。

海外バイナリーオプションは安全?

海外バイナリーオプションを安全に取引するためには、業者選びが必須です。

海外業者は、ライセンスを取っている業者とそうでない業者があります。また、顧客の資金を守るための保険の有無も重要なポイントです。以前は顧客の資金を持ち逃げするような業者が存在していましたが、現在は業者自体が詐欺というパターンは減少しています。

しかし、出金トラブル・口座凍結などには十分注意してください。

海外バイナリーオプションを狙った詐欺について

海外バイナリーオプションを狙った詐欺が多発していたのは2016年頃。最も有名なのはオプザイルと呼ばれた詐欺集団による詐欺事件です。
この詐欺の手口は金融庁のホームページに掲載されています。

金融庁金融先物取引委員会

最近では、USB詐欺は落ち着きを見せています。

しかし、詐欺師がいなくなったわけではありません。現在よく見かけるのはSNSを介した詐欺です。SNSによくある怪しいバイナリーオプション詐欺には特徴があります。

詐欺が多発する理由やSNSを使った詐欺の詳細を【バイナリーオプションのアフィリエイト詐欺の手口】にもまとめておりますので、合わせてご覧ください。

SNSによくある怪しいバイナリーオプション詐欺には特徴

上の特徴に当てはまるSNSにはくれぐれも気を付けてください。そして、残念ながら…美人レクチャー講師の中の人は99%男性というのが真実です。

海外バイナリーオプションにはリスク以上の魅力がある!

海外バイナリーオプションにはリスク以上の魅力がある

海外バイナリーオプション業者が日本の金融庁に無登録業者認定されても、詐欺事件があっても、海外業者に口座を開く日本人が増え続けているのはリスク以上の魅力があるからです!

なんといっても、海外バイナリーオプションの魅力は、総合的に見て“稼げる”ということです。

  • ・短期取引中心で予想しやすい
  • ・動きが少ない時間でもチャンスがある
  • ・ペイアウト率が高い

短期取引は海外バイナリーオプションの最大の魅力です。

国内バイナリーオプションでは、2時間ごとの判定時間となっているためエントリーするタイミングが難しくなります。そして、動きが少ない時間でもチャンスがあるのは短時間の判定時間を選べるからです。

ペイアウト倍率に関しては、圧倒的に海外バイナリーオプションの方が有利です。国内バイナリーオプションは、ペイアウト倍率が変動制で判定時間まであと少し(1~3分)となるとペイアウト倍率が低くなり(場合によっては1.00倍ということも…)まったく利益になりません。

バイナリーオプションで効率的に稼ぐために必要なペイアウト率について【バイナリーオプション業者「国内」と「海外」迷ったらペイアウト率で比較!】の記事で詳しく説明しています。

安全性で選ぶ海外バイナリーオプションおすすめ業者

海外バイナリーオプション業者を安全性で選ぶには、ライセンスや営業許可に注目しましょう。当サイトおすすめの海外バイナリーオプション業者を紹介します!

ハイローオーストラリア(highlow.com)

ハイローオーストラリア(highlow.com)

日本人が選ぶ海外バイナリーオプション業者ナンバー1!

次に会社概要を見てほしいのですが

ハイローオーストラリア-会社概要

現在ライセンスは無くなりましたが、以前と変わらないサービスを提供しており、安全な海外バイナリーオプション業者の代表格です。

▼おすすめポイント

・グレナディーン諸島法人登録
・グレナディーン諸島の法律に基づき営業
・入出金トラブルがなく対応も迅速
・海外バイナリーオプション業者で最も多くの日本人が利用している
・サポートが充実

今ならハイローオーストラリアでは
5000円キャッシュバック+ペイアウト率大幅アップ中!

今ならハイローオーストラリアでは
5000円キャッシュバック+ペイアウト率大幅アップ中!


ザオプション(theoption)

ザオプション(theoption)

人気ナンバー2のイメージが強いですが、ライセンスを得て営業している数少ない優良業者です。

会社概要を見てほしいのですが

ザオプション-会社概要

ザオプションは現在もライセンスを保持しております。

▼おすすめポイント

・マーシャル諸島法人登録
・ライセンス有(エストニア金融情報機関(EFIU)運営ライセンス番号FFA000397)

ライセンス有(エストニア金融情報機関(EFIU)運営ライセンス番号FFA000397)

初回入金と10日以内10回取引で最大10,000円キャッシュバック!

初回入金と10日以内10回取引で最大10,000円キャッシュバック!


まとめ

海外バイナリーオプションの取引は、日本の法律で禁止されていません!悪いイメージでチャンスを逃しては損ですよ!

最新情報を常にチェックしながら海外バイナリーオプションで資産倍増を実現しましょう。

海外バイナリーオプションに対する法律や規制の変更情報があれば、最新記事にて随時報告していきます!

10万円もないバイト代を元手にバイナリーオプションで稼げるのか?

10万円もないバイト代を元手にバイナリーオプションで稼げるのか?

必死で稼いだアルバイト代を単純な貯金ではなく、投資で資産を増やしたいと考えている大学生、高校生の方も多いのではないでしょうか。

投資初心者でも稼げると話題のバイナリーオプション。ただ、バイナリーオプション取引を始めるにあたって、以下のようなことに疑問を抱かれる方も多いと思います。

  • ・学生という身分でこのような投資が可能なのかという疑問
  • ・少ない元手から始めてバイナリーオプション取引ではどれくらい稼げるようになるかという疑問
  • ・もし利益を上げられた場合にどのような税金がかかるおかという疑問

そこで本記事では、学生がバイナリーオプションを開始するにあたり、注意すべき年齢制限、詐欺や勧誘、生じる税金について解説していきます。

バイト代でもバイナリーオプション取引は稼げる

結論からいうと、バイナリーオプションは少ない元手からでも始められる投資であり、取引の内容次第では、何百倍、何千倍と大きく増やしていくことも可能です。

バイナリーオプション取引は、最低1,000円から気軽に始められる投資で、エントリーポイントから上がるか下がるかを予想するシンプルな投資です。シンプルだからこそメンタル管理や資金管理が難しい投資でもあります。

また、学生がバイナリーオプションを開始することができるのかという点です。学生という身分ではなく、年齢がその可否の境目であり、国内外で事情が異なります。

  • ・国内:20歳以上から取引可能
  • ・海外:18歳以上から取引可能
    高校生は国内外問わずバイナリーオプション取引はできません。

つまり、日本国内のバイナリーオプション業者を利用するより海外のバイナリーオプション業者の方が、年齢制限が低いため、学生がバイナリーオプション取引を行う場合は海外業者がおすすめです。

バイト代から始めるバイナリーオプションの3つのポイント

バイト代から始めるバイナリーオプションの3つのポイント

少ない元手で手堅く稼ぐためには、「資金管理の徹底」「自分ルールの設定」「相場の勉強」の理解を深める必要があります。本章では、少ない資金で収益を上げる3つのポイントをご紹介します。

資金管理方法の徹底

最初は、「資金管理の徹底」における管理術のご紹介となります。各々について具体的に解説していきます。

  • ・安定的にコツコツ稼ぐための管理術
  • ・複利による莫大な利益をあげるための管理術
  • ・カジノ手法を採用した管理術

≪安定的にコツコツ稼ぐための管理術(単利)≫

安定的に稼ぐ=同じ金額でエントリーすると理解してください。目的は稼ぎを安定化させること。

一見、シンプルで簡単なことに聞こえますが、バイナリーオプションを始めたばかりの方は、頭で理解していてもルールを守れない人が多いです。

例えば、投資効果をなるべく多く得たいがために、連続して利益を上げていると自分のエントリーポイントとは異なるところでエントリーしたり、損失が出ているとそれを取り返そうとして自分で決めた金額を守れなくなります。

目的はあくまで安定化なので、修行僧の如く、禁欲、鋼の心を持つことが必要です。取引においてその場の感情に流されないようにするのが安定的にコツコツ稼ぐためには重要なのです。

≪複利による莫大な利益あげるための管理術(複利)≫

本記事でいう複利とは、各取引で得た利益を次の取引額に上乗せして運用していく手法です。

例えば、最初の取引で1,000円で100円の利益が出た場合、次の取引では1,000円ではなく1,100円で金額を設定します。取引額そのものが大きいため、リスクは若干高いものの、増え方としては当然単利より複利が有利となります。

最初の頃は安定化最優先で単利、取引に慣れてきたら複利、という手順がおすすめです。

≪カジノ手法を採用した管理術≫

カジノというと、どうしても賭け事、ギャンブルというイメージが強いですが、ここでいうカジノ手法とは、著名な数学者が考案した管理術です。

実際、多くのトレーダーもこの手法をバイナリーオプションに適用しており、非常に高い効果が期待できます。

▼マーチンゲール法

マーチンゲール法は負けた次のエントリー額を倍プッシュする方法です。1,000円BETで負けたら次のエントリーで2,000円BETします。ただし、マーチンゲール法はペイアウト率2倍を前提としたカジノ手法となるため、「ハイロー・ターボスプレッド」のようにペイアウト率2倍以上の取引で機能します。

ペイアウト率2倍以下の取引でマーチンゲール法を活用する場合は、ペイアウト率が最初のBET額の2倍になるようにエントリーしましょう。

実際にマーチンゲール法を検証した【マーチンゲール法でバイナリーオプション攻略できるか実践検証】こちらの記事も是非参考にしてください。

▼グッドマン法

グッドマン法とは勝ったら1,2,3,5・・・の順でBET額を増やしていくカジノ手法です。連勝すればするほど利益を伸ばせることに加えて、負けても損失額が低いのでローリスク・ミドルリターンが期待できるカジノ法です。

連敗時は1をBETし続け、連勝しても5以降は5をBETし続けることでグッドマン法がより機能します。

▼パーレー法

パーレー法は、「逆マーチンゲール法」とも呼ばれるカジノ手法。前述でご紹介したマーチンゲール法の「負けた時に倍プッシュ」の逆で、「勝ったら倍ブッシュ」と言う手法となります。

連勝時のみBETを積み重ねるカジノ手法なので、負けが続いて資金がショートする心配がありません。資産を安定させながら大きな勝ちも期待できるカジノ手法です。

先人の知恵の恩恵を享受するという観点で、始めたばかりの方こそ、この管理手法を採用しても良いでしょう。

自分ルールの設定

「自分ルール設定」で重要なのは、常に冷静な判断ができる、ギャンブル性を持たない取引環境づくりのための決まりを作ることです。

例えば、履歴を残すこと。これまでの実績に基づき、この時はこのように対処する、という自分なりのルールを設定することで俯瞰的、客観的に事象を捉えることができ、優位性のある局面で取引が可能となり、結果として利益に繋がります。

さらに、自らのルールを設定することで、資金そのものの管理と、精神的なコントロールができるようになります。損失が多くなってきた場合も、そのルールを見直すことにより、改善を図ることができます。

プロバイナリートレーダーが設定するルールの事例です。

  • ・取引回数XX回とする。
  • ・メンタル管理のための振り返りを毎日行う。
  • ・取引を行うための基準を決める。
  • ・取引を自動化するソフトを使用しない。

どのように自分ルールを設定していいかわからない方はぜひ参考にしてみてください。

デモ口座で勉強

デモ取引とは、バイナリーオプション提供会社のサービスの一つで、架空の資金を使って、本番真柄に仮想体験ができる取引をいいます。

デモ取引サービスを提供している海外バイナリーオプション業者は以下の4社です。

上記の業者でもペイアウト率が高いおすすめの「ハイローオーストラリア」と「ザオプション」のデモ口座への手順を詳しく【バイナリーオプション登録不要でデモ取引を使う方法】で紹介しておりますので、興味がある方は合わせてご確認ください。

前述で、高校生はバイナリーオプションによる取引を行うことができないと述べましたが、デモ取引であれば年齢制限がないため取引可能です。

国内と国外で異なるバイナリーオプションの税金事情

国内と国外で異なるバイナリーオプションの税金事情

バイナリーオプション取引で得られた利益額が一定額を超えると、税金が発生し、確定申告の必要になります。これは学生に限らず一般的な会社員が副業として行っていたり、専業主婦が実施する取引も同様です。

適用される税制については、サービス提供会社が国内に位置するか海外に位置するかによって異なるため注意が必要です。

本章では、確定申告の実情、国内外の差異、生じる税金や節税について解説していきます。

バイナリーオプションは「雑所得」

国内のサービス提供会社を利用したバイナリーオプションでは、その取引により獲得した利益は「先物・オプション取引にかかるもの」としてみなされるため、「雑所得」かつ「申告分離課税」扱いとなります。

給与所得や事業所得などの総合課税対象取得とは合算せず、当該取引で得た収入単体、及びそれに生じた経費をもとに税額を計算します。

税率は20.315%です。以下税率の内訳となります。

所得税及び復興特別所得税・・・15.315%
住民・・・5%
合計・・・20.315%

当該所得の合計が200万円でも1,000万円でも、金額の多寡にかかわらず一律20.315%となります。

一方、海外業者においては、同じく雑取得扱いになりますが、申告分離課税ではなく総合課税に分類されます。他の給与所得等と合算して税額を計算します。総合課税は累進課税制度が適用されるため、次段でご紹介する所得金額に応じた税率となります。

国内バイナリーオプションの計算方法

以下の条件にて具体例をあげています。

▼国内バイナリーオプション計算例

給与所得:400万円
所得税:20%
住民税:10%
復興特別所得税:2.1%
給与所得控除42万7,000円
※基礎控除等は考慮外
※税額の端数100円未満は切り捨て
なお今回の所得税の復興特別所得税は20%×2.1%で0.42%とする。

バイナリーオプションで得た収入:100万円
取引に生じた経費:10万円

給与所得にかかる税金:400万円×(20%+0.42%+10%)-42万7,000円=78万9,800円

バイナリーオプションの収入にかかる税金:(100万円-10万円)×20.315%=18万2,800円

納める所得税合計額:78万9,800円+18万2,800円=97万2,600円

また、国内バイナリーオプション取引で得た利益に生じる税金は申告分離課税であるため、通常の所得税用の確定申告書に加えて、「確定申告書 第三表(繰越損失等があるときは第四表)」の提出が必要となるので忘れないように注意しましょう。

▼国外バイナリーオプションの計算方法

国内取引と同様の具体事を用いて国外バイナリーオプションの計算方法を見てみましょう。

給与所得:400万円
バイナリーオプションで得た収入:100万円
取引に生じた経費:10万円

国外バイナリーオプションの所得税の速算表

(400万円+100万円-10万円)×(20%+0.42%+10%)-42万7,000円=92万6,600円

海外におけるバイナリーオプション取引について確定申告を行う場合は、ほかの所得と合算した通常の確定申告書のみになります。
「損益通算」「繰越欠損金控除」は対象外

確定申告の書き方などは【バイナリーオプションの税金について】で詳しくまとめておりますので、気になる方はご覧ください。

扶養の範囲で稼ぐための3つの注意点

扶養の範囲については、納税や保険料等の線引きを確認しておきましょう。

年収額(万円) 左記年収額を超過した場合に自身で必要な税金や保険料納付等
100超⇒住民税発生
103超⇒所得税発生
106超⇒社会保険料発生(条件あり)
130超⇒社会保険料発生
150超⇒配偶者控除適用外
201超⇒配偶者特別控除適用外

なかでも、「103万円の壁」と「130万円の壁」については、扶養範囲で稼ぎたいバイト学生には大きな目安の数字となるので、それぞれどういった計算をするかを解説致します。

税金の扶養上限

2020年度に施行された税制改正によって扶養控除の一部が変更。内容は「基礎控除の引き上げ」、「給与所得控除の引き下げ」の金額となり、具体的には以下のとおりです。

  • 基礎控除38万円⇒原則48万円
    給与所得控除⇒原則10万円の引き下げ

改正前と改正後を比較すると、基礎控除と給与所得控除の合計金額は103万円と変更がありません。つまり、給与所得者のみの場合は、法改正の影響が出ない人がほとんどです。

扶養控除を受ける要件は以下の5点、これらすべてを満たす必要があります。

  • 1.納税者の扶養親族で生計を一にする人
  • 2.年間の合計所得金額が48万円以下の人
  • 3.個人事業主の事業を手伝っている家族であり青色事業専従者、事業専従者でない人
  • 4.他の人の扶養親族、控除対象配偶者になっていない人
  • 5.16歳以上である人

つまり、バイナリーオプションの利益(BO収益-必要経費)が48万円を超えた場合は、扶養控除が受けられなくなるということです。

「103万円の壁」については合わせて【大学生は注意!103万円バイナリーオプションで稼ぐと扶養でいられない】こちらの記事も確認しておきましょう

社会保険の扶養上限

基本的に社会保険料(健康保険・介護保険・厚生年金保険など)は年収が130万円超えた場合に給料から引かれて、本人の手取りが減るというだけではありません。

親の扶養となっている学生は、両親どちらかの扶養対象となっていることが多く、自分が支払った社会保険料は親の所得から控除することができます。

社会保険は大きく分けて「健康保険」「介護保険」「厚生年金保険」「雇用保険」「労災保険」の5種類があります。

社会保険料控除では、国民年金や国民健康保険も控除対象となるので、130万円を超えるだけで社会保険料控除が受けられなくなるので注意が必要です。

バイト代から始めるなら国内業者より国外業者がおすすめ

バイト代から始めるなら国内業者より国外業者がおすすめ

バイト代からはじめるバイナリーオプション投資について理解は深められたでしょうか。

バイナリーオプションという取引は、少額の資金から始められるのが魅力です。少しでも利益を伸ばしたいと考えている学生は、国内よりペイアウト率が高い国外バイナリーオプション業者「ハイロ―オーストラリア」がおすすめです。

今ならハイローオーストラリアでは
5000円キャッシュバック+ペイアウト率大幅アップ中!

今ならハイローオーストラリアでは
5000円キャッシュバック+ペイアウト率大幅アップ中!

前述の通り、取引全体を俯瞰し、その時々で冷静な判断をしつつ、継続的な利益を得ていくことも必要です。また、資産を増やすことによる税金や扶養範囲についても本記事を参考に予備知識として頭の片隅に入れておきましょう。

当該取引を長く経験している諸先輩から利益獲得の法則を学び、各取引を分析、利益が得られる仕組を構築し、少ない元手から成りあがりましょう。